冷え性と頭痛の関係とは

今日は特に寒いなという日に頭痛が起きやすい。と感じている方はいらっしゃいませんか?しかも、手足が冷たく温まりにくい、お風呂に入ってもまたすぐに寒くなってしまう、お布団の中でも手足が冷たくて眠れない。など冷え性の症状があり悩んでいる方は多いでしょう。そんな方は、冷え性が原因で頭痛が起きているのかもしれません。もし冷え性が原因の頭痛にお悩みならこちらをどうぞ読んでみてくださいね。

さて、冷え性と頭痛に関係があるとはどういうことなのでしょうか?それは血流がポイントになっていることが多いのです。体が冷えると血行が悪くなりますね。すると脳内の血行も同じく悪くなるのです。

寒い屋外にいると体が冷えて血流が悪くなります。そして、そのまま暖かい室内に入って来たりすると急激に血流がよくなります。すると血管が急に広がろうとしてこの時に血管の周囲の神経を刺激して頭痛を感じるのです。逆の場合もまた同じで、暖かい部屋から外に出ると今度は血管が急激に収縮してこの時も血管の周囲の神経は刺激を受けて痛みを感じることになります。この拡張や収縮による刺激が激しくなると、頭痛だけではなく吐き気までもよおすこともあるのです。

冷え性の方は、概して自律神経のバランスが崩れていることが多く、温度の変化に体がスムーズに対応しにくくなっています。そして血流などの体の反応が急激に起こりやすいという特徴もあり、頭痛や吐き気を感じやすくなってしまうのです。

また、寒くなると頭痛だけでなく肩こりを感じる方もあるでしょう。寒さによる頭痛を感じている時には首と肩の筋肉が緊張し、これが痛みの元になるのです。そして、首から肩にかけての僧帽筋という筋肉の血流が滞り、酸素や栄養が行き渡りにくくなるのも肩こりの原因の一つです。